2007年12月15日

インターバンク市場

インターバンク市場とは、短期金融市場の一つで、市場の参加者が金融機関に限定されている市場を言います。
金融機関相互のごく短気の資金過不足を調達するための市場として利用されています。
日本では、コール市場や手形市場が典型的です。
posted by 金融市場 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。